スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<入管汚職>芸能家招へい会社社長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)

 入国審査を巡る汚職事件で、贈賄罪に問われた外国人芸能家招へい会社社長、伊東信悟被告(46)は22日、東京地裁(菱田泰信裁判官)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑し結審した。判決は3月10日。

 検察側は冒頭陳述で、05、06年の2回の法務省令改正で「母国で2年以上の経験が必要」などとダンサー(芸能人)に関する入国審査が強化されたことから、伊東被告が、収賄側の元東京入国管理局成田空港支局統括審査官、小倉征史(まさし)被告(54)=懲戒免職、23日初公判=に毎月20万円の提供を持ちかけ、便宜供与を受けたと指摘した。起訴状などによると、伊東被告は07年7月~昨年11月、小倉被告に計580万円のわいろを送金したとされる。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
公用車談合:北海道開発局の当時の幹部ら4人処分 国交省
水門談合:8社に損害金6億3000万円を請求 農水省
福岡前副知事収賄:北海道「視察」、実態は観光か
福岡県汚職:前町村会局長も贈賄容疑で逮捕
福岡県汚職:副知事室で100万円授受

もんじゅ再開へ協議申し入れ=地元福井県などに-原子力機構(時事通信)
避難時期、「自分で判断」は2割=豪雨災害世論調査(時事通信)
シュワブ陸上案検討認める=普天間移設「その方向に進んでいる」-北沢防衛相(時事通信)
ノエビア元副社長、元交際相手にも嫌がらせメール(読売新聞)
<点滴事件>裁判員裁判は異例の2週間に 我が子3人死傷(毎日新聞)
スポンサーサイト

市橋被告の整形逃走→警察庁が美容外科と協定(読売新聞)

 英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が遺体で見つかった事件で、市橋達也被告(31)(殺人罪などで起訴)が整形手術を受けて2年7か月間も逃走を続けていたことを受け、警察庁は美容外科に指名手配容疑者の顔写真を提供し、通報を求める協定を美容外科の2団体と結んだ。

 3月1日から運用する。同庁では「指名手配容疑者が整形手術を利用することへの抑止効果も期待できる」としている。

 協定を結んだのは「日本美容医療協会」(東京都千代田区、会員数507人)と「日本美容外科医師会」(港区、会員数514人)。具体的には、まず警察庁が指名手配容疑者の顔写真や顔の特徴などを掲載した手配書を2団体に送付。それを会報などに同封してもらう形で会員の医師に情報を周知し、警察への情報提供を求める。近く、オウム真理教による事件の特別手配容疑者3人と重要事件の指名手配容疑者15人についてスタート。全国の警察本部が指名手配中の容疑者についても、今後、捜査協力を求める方向で検討する。

 市橋被告の整形は美容整形外科医院からの通報で判明したが、その前にも手術を繰り返しており、警察当局が美容外科を利用した指名手配容疑者の情報をいかに早く把握するかが課題になっていた。

<厚労省>医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人(毎日新聞)
<脱税>マッコリ輸入卸業者を在宅起訴 2年で4400万円(毎日新聞)
脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し-東京地検(時事通信)
<五輪ジャンプ>個人メダルは遠く…葛西、団体戦にかける(毎日新聞)
<訃報>黒木三郎さん88歳=早稲田大名誉教授、法学専攻(毎日新聞)

<入試出題ミス>理科で、全員に得点 国立高専(毎日新聞)

 独立行政法人・国立高等専門学校機構は22日、21日に実施した国立高専の入学者選抜学力検査の理科で出題ミスが見つかったと発表した。国立高専の志願者は全国51校で計1万3063人。受験生全員に得点(3点)を与えることにした。

 ミスがあったのは、塩酸にBTB溶液を加えた際の変化について、原因となったイオンの名称などを答える問題。11年度からの新学習指導要領で中学3年が学ぶ内容だったが、09年度からの移行期間中は必須ではなかった。採点者が他の問題に比べて正解率が低いことからミスに気付いた。

【関連ニュース】
国歌斉唱・不起立:教職員の氏名収集を継続…神奈川県教委
小学校の英語授業:否定的な中学生多数…教研集会で報告
文科省:新学習指導要領に対応したIT教育の手引き公表
小学校英語:副読本「英語ノート」で公開授業 東京・小名木川小で
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評『学校教育と愛国心』藤田昌士・著

高齢夫婦、自宅で変死=妻は寝たきり、経緯捜査-岡山県警(時事通信)
<野口宇宙飛行士>「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
2歳児監禁死、父親に懲役11年=裁判員「つらかった」-東京地裁(時事通信)
<銃弾?入り封筒>東京地検に届く 小沢氏の捜査に抗議か(毎日新聞)
大阪府北部で震度3(時事通信)

<訃報>浅倉久志さん79歳=翻訳家(毎日新聞)

 浅倉久志さん79歳(あさくら・ひさし<本名・大谷善次=おおたに・ぜんじ>翻訳家)14日、心不全のため死去。葬儀は親族で行う。喪主は妻宣子(のぶこ)さん。

 カート・ボネガットの「タイタンの妖女」など、SF作品の翻訳で知られた。

<雑記帳>飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園(毎日新聞)
「国・地方協議」、首相に招集権=骨子案まとまる(時事通信)
海岸にダイオウイカ漂着=最大級の無脊椎動物-新潟(時事通信)
「必ずもうかる」無登録モンゴル投資ファンド(読売新聞)
日航・稲盛会長、墜落事故の施設を訪問「責任重大」(産経新聞)

<訃報>田中常夫さん82歳=元日本陸上競技連盟理事(毎日新聞)

 田中常夫さん82歳(たなか・つねお=元日本陸上競技連盟理事)18日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。葬儀は20日午後1時、佐賀県基山町小倉999の1のコスモホールきやま。自宅は同町小倉402の6。喪主は妻美智子(みちこ)さん。

<普天間移設>民主沖縄県連、県内移設反対を強調(毎日新聞)
民主今度は「労組とカネ」←野党「3大疑惑だ」(読売新聞)
<五輪スピード>高木美帆選手を同級生ら地元で声援(毎日新聞)
「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める-東京地裁(時事通信)
<農水省>データ捏造で職員を追加処分(毎日新聞)

勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野-総務省(時事通信)

 総務省は、国家公務員の勤務時間管理に、ICT(情報通信技術)やタイムカードなどを活用できないか、民間企業や地方自治体の先進事例を調査している。職員の勤務時間について、効率的な管理・把握方法を探るとともに、政権交代後も国会対応などで超過勤務をこなす中央官庁職員の勤務時間縮減につなげられないか検討する考えだ。
 各府省には現在、タイムカードがなく、勤務時間は出勤簿と上司の超勤命令に基づき管理している。このため、退勤時間の管理が困難なケースも多い。しかし、2010年度から月60時間以上の超勤に対する手当割増率が50%に引き上げられるため、勤務時間の管理徹底がこれまで以上に求められるようになった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
「事務次官」存続に総務相が異論=公務員改革法案
局長ら幹部に面談実施へ=人事の「事前調査」と警戒も

<五輪モーグル>上村の出身地で「アイ、アイ」コール(毎日新聞)
雑誌発売前の「ワンピース」最新話 ネットに違法投稿(産経新聞)
陸自PKOが作業開始=ハイチ復興支援(時事通信)
韓国製頭痛薬など販売目的で保管 食品店経営の男逮捕(産経新聞)
与謝野氏、激しく首相追及「平成の脱税王だ」 衆院予算委(産経新聞)

【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)

 「もっと速く」と挑み続けた“美しい馬”が夢の大舞台に立つ。12日(日本時間13日)、開幕したバンクーバー冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック女子に出場する堺市出身の桜井美馬(びば)選手。メダルの期待も高い20歳のエースだ。本人もお気に入りというユニークな名前は、馬が好きな祖父、井沢徳三郎さん(79)=大阪府吹田市=が付けた。自他ともに認める「一番のファン」が海の向こうで戦う孫娘にエールを送る。

 桜井選手がショートトラックを本格的に始めたのは小学1年。堺市の自宅近くにある府立臨海スポーツセンター(高石市)のスケート教室に通っているとき、同施設を本拠地とするスケートクラブのコーチから誘われた。

 ヘルメットを付けて氷上を疾走する姿に、母の順子さん(50)は当初、転倒を心配して「女の子らしいフィギュアもいいのでは」と言ってみた。

 「でも『このままでいい』って。スピードにひかれたのかな。転んでも楽しそうに笑っていた。この子は本当に速く滑ることが好きなんだ、とあきらめた」

 桜井選手は地元の市立浜寺南中学校を卒業後、「もっと速くなりたい」と単身上京。今年は進学先の早稲田大を休学し、五輪出場へ集中してきた。

 そんな姿をだれもが認める「一番のファン」として見つめ続けてきたのが祖父の井沢さんだ。娘の順子さんが生んだ3人の孫の名付け親でもある。

 午年生まれで子供のころに馬を飼っていたことから、すべて馬が付く名前にそろえた。兄は雄馬(ゆうま)(22)、弟は冬馬(とうま)(18)、そして真ん中の女の子は美馬。ほかにはない名前であってほしいと「みま」ではなく「びば」と読ませた。

 子供のころは名前をからかわれ、嫌がることもあった孫娘が国際大会で活躍するようになった高校生のときに変わった。

 イタリア語でバンザイを意味する「Viva」と音が似ていて、外国人選手にすぐに名前を覚えてもらえるのだ。「この名前で良かった」と言ってくれるようになったという。

 「付けたときはバンザイなんて知らなかった。でもスポーツ選手として最高の名前やね」

 井沢さんは国際大会を含めてほとんどの試合に応援に駆けつけ、「目標はオリンピックや」と発破をかけた。「おじいちゃんをバンクーバーに連れて行ってあげたい」と孫娘が口にするようになったのは、2年前の全日本選手権で初めて総合優勝したころから。昨年12月、最終選考会を兼ねた全日本で総合優勝し、約束を果たしてくれた。

 井沢さんは「現地で応援したい」と荷造りまでしていたが、病気と高齢を理由に医者から止められ、やむなく断念。メダル獲得を祈りながら日本で応援する。

 「本当は向こうで『美馬! ビバ!』って言いたかったが…。やるときはやるという強い意志を持っている子。きっといい結果を残してくれる」

     ◇

 桜井選手は、開会式翌日の日本時間14日、女子500メートル予選(開始午前10時45分)、女子3000メートルリレー予選(同午前11時49分)に出場する。

【関連記事】
Sトラック女子日本勢、リレーのタッチを最終確認
桜井は思い詰めた表情 体調不良の藤本は休み ショートトラック
桜井美馬が“荒れ馬場”を歓迎 Sトラック
ショートトラック陣が五輪会場で初練習
Sトラックの桜井、小沢らが初練習 バンクーバー五輪

<囲碁>プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ (毎日新聞)
iPS細胞で新治療法に期待=遺伝子異常の再生不良性貧血-国際チーム(時事通信)
吉村氏が民主会派入り=参院(時事通信)
<枝野行政刷新相>「間違った解釈は見直し」政府憲法解釈で(毎日新聞)
大日本住友製薬、中期経営計画を発表(医療介護CBニュース)

<菅副総理>次期衆院選前の消費税引き上げ否定(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は15日午前の衆院予算委員会で「大きな税制改革をする場合は、国民の皆さんに信を問う必要がある」と述べ、次の衆院解散・総選挙までは消費税を引き上げない方針を強調した。田村憲久氏(自民)の質問に答えた。【野原大輔】

【関連ニュース】
菅財務相:消費税議論「3月から」 大幅前倒し意向
菅財務相:G7とG20サミット 役割を区別する考え示す
菅副総理:「成長戦略を推進」を表明へ 経済演説
納税者番号:省庁横断で検討会設置へ 菅副総理が報告
菅副総理:林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委

輸入ワクチンの安全性調査=国立病院機構の600人接種(時事通信)
「法律違反なら厳正に対応を」 北教組問題で川端氏(産経新聞)
首相動静(2月11日)(時事通信)
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省(医療介護CBニュース)
電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)

降格要件緩和で再調整=公務員法案、来週の決定目指す(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午後、首相官邸で仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相らと会談し、同日の閣議決定を見送った国家公務員法改正案について、事務次官・局長級から部長級への降格を容易にする方向で見直すことで一致した。副大臣級で調整を急ぎ、来週の閣議決定を目指す。
 政府案は、次官・局長級から部長級への降格は「勤務実績が劣る」「他の職員の方がより優れた業績を上げると十分見込まれる」などの要件に当てはまる場合に可能と規定。しかし、総務相が「本当に(降格)できる条文になっているのか」と要件緩和を主張したため、閣議決定が先送りされた。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
「作り話。弟信用できない」=政治資金無心の指摘に激高
公務員法、閣議決定見送り=降格規定に総務相が異論
石川議員離党「重い決断」=前原氏「小沢氏にも責任」
枝野氏は仙谷氏の隣=閣僚席次

<お別れの会>武藤信一さん=25日、ホテルニューオータニ(毎日新聞)
<踏切事故>列車とトラック衝突 高校入試に影響 埼玉(毎日新聞)
民主・小林千代美議員陣営の選挙違反、北教組捜索(読売新聞)
鴻巣市移動支局 開設 「びっくりひな祭り」に合わせ(毎日新聞)
税制法案が審議入り=自公反発も本会議出席-衆院(時事通信)

大村市議会決議「反対で結構」=普天間移設先めぐり官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に海上自衛隊大村航空基地(長崎県大村市)が浮上している問題で、同市議会が受け入れ反対の決議を採択したことについて「決議されたならされたで結構だ」と述べた。その上で「(沖縄の)負担軽減と危険性除去という役割の中で、どこがいいのか検討に入る」と語った。
 平野氏の発言は、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会でゼロベースで移設先の候補地を探る考えを強調する狙いがあったとみられるが、地方議会軽視と受けとられかねず、批判を招く可能性もある。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

個人型401k、増額の動き=税優遇による上限額引き上げで(時事通信)
<システム会社不正取引>元会長ら強制捜査へ 横浜地検など(毎日新聞)
阪神高速で消防車横転 火事通報受け急行中(産経新聞)
東京医大、生体肝移植死で遺族に謝罪と3千万円(読売新聞)
車内で男性が拳銃自殺? 身元確認急ぐ 東京・足立(産経新聞)

“おばあちゃんママ”亡き孫娘に涙 兵庫・三田の継母暴行(産経新聞)

 「あの子は私を『おばあちゃんママ』と呼んでくれていた」。兵庫県三田市で長女の夏美ちゃん=当時(5)=に暴行したとして、継母の寺本浩子容疑者(27)が逮捕された事件で、死亡した夏美ちゃんの父方の祖母(56)が12日、胸の内を語った。七五三の記念にピンクのワンピースを着て、笑顔をみせる夏美ちゃんの写真を手に、祖母はそっと涙を浮かべた。

 祖母によると、夏美ちゃんの実母は病気のため26歳の若さで他界。夏美ちゃんはまだ2歳だった。仕事のため育児ができない息子(30)が寺本容疑者と再婚するまでの2年余り、自宅に引き取って夫(58)とともに親代わりになって育てた。

 夏美ちゃんは誕生日には「おばあちゃんママ、お誕生日おめでとう」と書かれたカードを贈ってくれた。母の日にも毎年、カーネーションと手作りの花瓶を手渡してくれた。「夏美がくれたものを見ると、今も涙が止まらない」

 夏美ちゃんが寺本容疑者と暮らすようになって4カ月がたった昨年4月。突然、三田市の自宅マンションから7キロの道のりを1時間かけて1人で歩き、訪ねてきたことがあった。驚いて寺本容疑者を問いただすと、返ってきた答えは「私は夏美に対して母性がないからほうり出した」。虐待を疑い、すぐに市に相談した。

 だがその後、夏美ちゃんが暴行を受けて児童相談所に一時保護されていたことは、昨年11月に夏美ちゃんが亡くなる直前まで誰からも知らされなかった。

 「夏美がどんな生活をしていたのか、私が知ってやれていれば、あんなことにならずに済んだかもしれない」。改めてこみあげる後悔と悲しみに、祖母は声を震わせた。

     ◇

 県警捜査1課と三田署は12日、昨年6月に夏美ちゃんの顔をたたくなどして約1週間のけがをさせたとする傷害容疑で、寺本浩子容疑者を送検した。

【関連記事】
虐待と判断し病院が異例通報 継母逮捕の女児死亡事件
家庭復帰に問題なし 児童虐待で児童相談所会見
虐待か? 長女への傷害容疑で継母を逮捕…兵庫 死亡との関連捜査
京都のフリースクール入所者虐待、元経営者が控訴
虐待で4歳児水死させた容疑の男、初公判で「認めません」 旭川地裁

【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】ウーノ フォグバー 資生堂(産経新聞)
<爆窃団事件>香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(上)常に広い世界を意識(産経新聞)
500円タクシー、近畿運輸局が値上げ「指示」(読売新聞)
<子宮頸がん>産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/1 「進行すると大手術に」(毎日新聞)

小沢氏ご満悦、民主女性議員からチョコ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は12日、党所属の女性国会議員から14日のバレンタインデーを前に、チョコレートのプレゼントを受け取った。小宮山泰子、岡本英子衆院議員、森裕子、谷岡郁子、下田敦子参院議員らが有志を代表して国会内の幹事長室を訪ねた。

 収支報告書への虚偽記載事件で厳しい世論にさらされ、硬い表情を見せることが多い小沢氏だが、女性議員からチョコレートをもらうと「おー、すまん、すまん」と喜び、「報道陣には見せないような笑顔」(有志の一人)になったという。【関連記事】

「小沢氏起訴を」 市民団体が検審に申し立て
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る
世論無視…小沢幹事長ついに身内からも強烈ヤジ「辞めろ!」
「私」が強すぎた政治家の末路
甘い対応…小沢氏の「けじめ」に強まる批判

<感想文コンクール表彰>皇太子さま「良い本と巡り合って」(毎日新聞)
レストランのトイレで50歳教諭が盗撮(読売新聞)
田村参院議員、民主党入党へ…参院会派で半数に(読売新聞)
<認知症>手押し車に7000万円…80代女性を保護 滋賀(毎日新聞)
男性3人切られ1人死亡=簡易宿泊所で、男逮捕-警視庁(時事通信)

車止めに衝突、運転の83歳女性死亡(読売新聞)

 8日午後8時10分頃、横浜市戸塚区吉田町のスーパー駐車場で、同市港南区下永谷、無職渡辺静子さん(83)の乗用車が、コンクリート製の車止め(高さ1メートル50、幅1メートル40)に衝突した。

 渡辺さんは胸や腹を強く打ち、間もなく死亡した。戸塚署が原因を調べている。

目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明-秋葉原殺傷第3回公判・東京地裁(時事通信)
訃報 立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)
<スノーボード授業>北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)
毎日映画コンクール 表彰式に1200人(毎日新聞)
東北強い寒気 大荒れの恐れ(河北新報)

GWG買収仲介で脱税会計士、韓国が引き渡しへ(読売新聞)

 旧グッドウィル・グループの会社買収を仲介した投資事業会社「コリンシアンパートナーズ」(東京)の脱税事件で、韓国で拘束されている同社元社長の公認会計士・中村秀夫容疑者(52)が10日、日本側に引き渡されることが分かった。

 東京地検は法人税法違反容疑で中村容疑者を逮捕するとともに同日、国内に移送する。

<4000万詐取>広尾病院職員 都が懲戒免(毎日新聞)
大阪市職員また処分60人 市営住宅住み税金滞納、最高207万円(産経新聞)
山崎氏、離党せず=自民(時事通信)
<人事>広島高裁長官に寺田逸郎氏(毎日新聞)
難病の肺動脈性肺高血圧症 薬高額…健保組合の財政直撃(産経新聞)

<掘り出しニュース>絵手紙発祥の地・狛江に巨大壁画(毎日新聞)

 【東京】「絵手紙発祥の地」をアピールしている狛江市の小田急線狛江駅北口駅前の排気塔に3日、巨大な絵手紙の壁画が登場した。

 市はこの日を「絵手紙の日」と定め、矢野裕市長や同市在住で50年の制作歴を持つ絵手紙創始者の小池邦夫さん(68)らが出席した除幕式が行われた。小池さんがデザインした壁画は縦4メートル、横3メートルのサイズ。馬に乗った人物像が描かれ、「絵手紙発祥の地-狛江」「動かなければ出会えない」の文字が添えられている。集まった人たちは市の玄関口に誕生したシンボルに向けてカメラのシャッターを切っていた。【森下功】

【関連ニュース】
<壁画の話題>アニメフェア09:ガンダム壁画が人気
<壁画の話題>昭和毎日:法隆寺金堂壁画が焼失
<壁画の話題>北大路魯山人:「幻の壁画」56年ぶりに里帰り
<巨大オブジェ>まねきねこダックカフェ:巨大オブジェに店長ダックが登場 六本木ヒルズにオープン
<巨大オブジェ>阪神大震災:巨大モザイク画 防災の願い込め

6法科大学院に改善要請 文科省 京大、東大は人数超過(産経新聞)
「プリウス」ブレーキに苦情=日米で112件-国交省、トヨタに調査指示(時事通信)
<公明党>「政治とカネ」の協議機関設置を呼びかけ(毎日新聞)
郵政改革の素案、来週初に=亀井担当相(時事通信)
仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20~30件 爆窃団関与?(産経新聞)

<鳩山首相>「小沢氏は責任果たしている」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日午前、資金管理団体を巡る事件で不起訴処分となる見通しの小沢一郎民主党幹事長について、「検察の聴取も受け、そこでかなり説明した。記者会見も何度も行い、本人としては知りうる限り説明責任を果たしていると思っている」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

 ただ、首相は「国民の皆さんがどこまで理解されるか、当然いろいろある。これからも必要が生じれば本人から説明するのではないか」とも指摘した。【朝日弘行】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢氏の幹事長続投、改めて容認
参院代表質問:首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題
節分:鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ
参院代表質問:「同志」発言で鳩山首相が答弁
鳩山首相:小沢氏報道「冷静に見守る」

JAL機が羽田に緊急着陸 離陸直後エンジンから出火 けが人なし(産経新聞)
小沢一郎氏 幹事長続投を表明 (毎日新聞)
中国軍拡、透明性必要=北沢防衛相「懸念は日米共通」-鳩山首相(時事通信)
「タクシー距離制限は違法」=ワンコイン5社が提訴-大阪地裁(時事通信)
生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職-横浜市(時事通信)

支持率「気にしない」=自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は8日、岐阜市内で記者会見し、報道各社の世論調査で同党の支持率が伸び悩んでいることについて「細川政権の時も(再び)政権を取るまでなかなか支持率は回復しなかった。過度に気にする必要はない」と述べた。
 谷垣氏は、夏の参院選比例代表での投票先として、民主党と自民党の差が縮まった調査結果もあるとした上で、「トレンドは少しずつそういうところに出ている」とも指摘した。 

ダンピング競争慎んで 前原国交相が日航に苦言(産経新聞)
<しのぶ会>黒川高秀さん=3月13日、京王プラザホテル(毎日新聞)
京品ホテル従業員、会社側と和解=廃業で解雇、地位確認訴訟-東京地裁(時事通信)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
<校長自殺>名誉棄損見直しか 最高裁が弁論(毎日新聞)

【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(上)不起訴で「盛大な前夜祭」(産経新聞)

 「鬼は外、福は内!」

 民主党幹事長、小沢一郎の不起訴情報が永田町を駆けめぐった3日夜、東京・赤坂の衆院議員宿舎の食堂は、ときならぬ熱気と喧噪(けんそう)に包まれていた。着ぐるみで赤鬼、青鬼にふんした議員に、小沢と首相、鳩山由紀夫の「お面」をかぶった女性議員ら。民主党議員30~40人が集まり、節分の豆まきに興じたのだった。

 「大変な時期だからこそ党内の結束を固めたい」

 呼びかけ人の一人はこう語る。会合はやがて飲み会となり、文部科学相、川端達夫も顔を出した。2次会も開かれ、「ちょっとふざけすぎたかも」(1回生議員)と声が出るほどの盛況ぶり。さながら事件が小沢本人に及ばなかったことを祝う「前夜祭」となった。

 だが、すでに小沢の元秘書の衆院議員、石川知裕らの起訴は確実視されていた。本来ならば、もっと事態を深刻に受け止めるのが普通だろう。ところが、民主党ではそうはならない。

 1月末には、東京・小菅の東京拘置所に勾留(こうりゅう)中の石川に対し、当選同期(2回)議員を中心とした33人の議員が署名した激励文を届けた。そこには、こう記されている。

 「必ず戻ると信じています! 待っているぞ!」

 石川は東京地検特捜部の調べに対し、政治資金収支報告書に故意に虚偽記載したことを認めている。その罪状を軽視し、無邪気に「待っている」と書く議員らが国会を闊歩(かっぽ)している。

                   ◇

 ■神妙一転…「オシッ!」

 民主党幹事長の小沢一郎は4日は朝から夕まで東京・元赤坂などの個人事務所にこもっていたが、自らの不起訴処分が決まると党本部に姿を現した。

 「私の政治団体に関することで国民、同志の皆さんにご迷惑、ご心配をおかけしたことを心からおわび申し上げます」

 小沢は神妙な面持ちでこう語った後、部屋を出際に「オシッ!」と右拳を上げた。この後、東京都世田谷区の自宅にほど近い居酒屋に秘書らと立ち寄った。「祝杯ですか」という記者の問いかけには無視を決め込んだ。

 ◆天の声で中止

 この日、急遽(きゅうきょ)取りやめとなった会合がある。取り調べの全面的な録音・録画を目指す民主党の「可視化議連」だ。この日は法務官僚を呼んで2回目の会合を開くはずだった。

 「天の声だよ。起訴されなくなったから、もうやる意味はないということだ。そもそも(可視化を嫌がる)検察に圧力をかけるのが狙いだったから…」

 メンバーの一人は率直に明かす。党所属議員は、小沢の手のひらの上で好きなように転がされる存在のようだ。

 もっとも、小沢が在宅起訴処分になるとの見方が強かった先月31日には、小沢と距離を置く議員から、小沢の進退に言及する発言が火を噴いた。

 「新たな局面が生まれた時は、われわれも厳しく自浄能力を発揮していかねばならない」(国土交通相の前原誠司)。元政調会長の枝野幸男や財務副大臣の野田佳彦も、それぞれ小沢続投を牽制(けんせい)してみせた。

 だが、こうした反撃ののろしはたちまちかき消える。前原は3日夜に小沢の幹事長続投容認を表明。野田は4日の記者会見で、小沢が説明責任を果たしているかに関し「努力はされてきた。スピーディーになった」と評価し、恭順の意を示した。

 ◆けじめになる日

 小沢周辺は「前原、枝野、野田らは小沢批判の前日に集まり、打ち合わせた上で進退発言をしたようだ。おそらくどこからか『小沢は在宅起訴となる』という情報が入ったのではないか」と打ち明ける。

 そうだとすると、前原らは誤情報を基に決起しかけ、慌てて軌道修正を図ったということになる。

 「真実は一つ。小沢幹事長を信じていると終始言ってきた。きょうは一つのけじめになる日かと思う」

 小沢に近い参院議員会長の輿石東は4日の記者会見でこう強調し、問題は解決したとの認識を示した。党内の多数派を占める小沢シンパは勢いづいている。

 議員グループ「一新会」に所属する議員約25人は4日昼、国会にほど近い筆頭国対副委員長(一新会事務局次長)、松木謙公の事務所に集まった。一新会は熱烈な小沢支持者が多く、政治資金規正法違反の罪で起訴された石川知裕を支援するため、メンバーから各1万円を集めもした。「徹底的な捜査で潔白が証明されたわけだから、参院選もこれで戦える」。集まったメンバーは口々に安堵(あんど)の声を漏らした。

 ◆まるで民主集中制

 「何もモノが言えないような民主党ではない。明らかにつくられた虚像だ」

 首相の鳩山由紀夫は4日の参院決算委員会でこう述べた。1日の衆院代表質問への答弁でも、次のように強調していた。

 「民主党は選挙を経て代表を選出し、代表が幹事長ほかの役員を選任する。健全な党内民主主義を貫いていて、幹事長が党や政府を支配することは一切ない」

 だが、実際には小沢に逆らったり、諫言(かんげん)したりできる議員はまずいない。民主党の最高実力者が、小沢であることを疑う国会議員もいないはずだ。

 いったん指導部(者)を民主的に選んだら、後はその決定に無条件に従い続けるという民主党の現状は、レーニン主義を引き継ぐ旧ソ連、中国共産党などの「民主集中制」にそっくりではないか。

 小沢自身が昨年12月に訪中して国家主席の胡錦濤と会談した際、中国人民解放軍を念頭に置いて「野戦軍の最高総司令官として(日本)解放の戦いに徹していきたい」と述べている。

 不起訴になっても小沢をめぐる政治資金疑惑がすべて解消されたわけではないが、党内の小沢支配はますます強化されかねない。

 「起訴された小沢さんの元秘書らは、別に自分の収支報告書に虚偽記載したわけではない。親の責任を子がかぶるような話だ」

 民主党衆院議員、村越祐民はこう明言した。だが、実名で小沢を批判する民主党議員はほかにはもういない。

                   ◇

 小沢の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、結局、小沢自身は起訴を免れた。この“朗報”に、党内では、小沢を支持する議員らが勝ちどきをあげる一方で、多くの議員は事件の深刻な影響から目をそらすように白々しい沈黙を保っている。軽薄さと重苦しさが奇妙に入り交じる「小沢帝国」の現状をリポートする。(敬称略)

桜前線3月19日上陸か、平年より数日早い?(読売新聞)
外務省、ロシアに厳重抗議=駐日大使、射撃の確認避ける(時事通信)
東京都立白鴎高校付属中学の適性検査で出題ミス(産経新聞)
ビールにパフェ…ファミレスで9時間無銭飲食(読売新聞)
丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)

グアム視察「海兵隊移転で」=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は3日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を話し合う政府・与党の沖縄基地問題検討委員会が、米領グアムを視察する方針を決めたことについて、「(在日米軍再編で在沖縄海兵隊の)8000人がグアムに司令部を含めて移行する上で、グアムのアンダーセン空軍基地、およびその周辺を見ていくということが第一義だ」と述べ、移設候補地として視察するわけではないとの認識を示した。 

【関連ニュース】
鳩山首相、「潔白」信じるのは当然=小沢氏は同志
グアム視察「海兵隊移転先として」=松野副長官
普天間現行計画変えない=戦略策定の米国防次官
米国務次官補インタビュー要旨
グアムを中旬に視察=普天間検討委

未納給食費の天引き、22年度導入は断念(産経新聞)
志願倍率アップ 国公立2次中間発表(産経新聞)
<桜の開花予想>東京都心は3月23日ごろ 日本気象協会(毎日新聞)
広島高裁長官に寺田逸郎氏=最高裁(時事通信)
岐阜のアパートで、女性腹を刺され重傷(読売新聞)

自転車で女性つけ脇腹触る…救急隊員「魔がさした」(読売新聞)

 路上で女性の上半身を触ったとして、大阪府警守口署は1日、大阪市消防局城東消防署消防士、上田哲也容疑者(27)を府迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕したと発表した。上田容疑者は「魔がさした」と述べ、容疑を認めているという。

 発表によると、上田容疑者は31日午後9時25分頃、大阪府守口市南寺方東通の路上で、30歳代の会社員女性の脇腹を触るなどした疑い。女性は近くの知人宅を訪れる途中で、悲鳴を聞いた知人が上田容疑者を取り押さえ、署員に引き渡した。

 上田容疑者は非番で、自転車に乗っていて女性を見かけ、後をつけたという。

子ども手当法案を閣議決定=政府(時事通信)
狛江駅前排気塔に巨大絵手紙 東京(産経新聞)
日本相撲協会 朝青龍関、理事会に出席 暴行問題で(毎日新聞)
小沢氏「幹事長の職責返上は考えていない」(産経新聞)
<センター試験>追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)

来年度も新型ワクチン接種で負担軽減―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の正林督章・新型インフルエンザ対策推進室長は2月4日の「全国健康関係主管課長会議」で、新型インフルエンザワクチンの接種費用の低所得者への負担軽減事業を来年度も継続して実施する方針を明らかにした。

 接種費用の負担軽減措置は今年度事業として実施。予備費使用で213.5億円、今年度第2次補正予算で207.2億円の計420.7億円を確保している。
 正林室長は同会議で、「接種を希望する人は、4月以降もいると思う」との見通しを示した上で、「予算の繰り越し手続きを進めているところだ」と述べた。

 負担軽減事業は、市町村民税の非課税世帯が対象。市町村が実施主体で、財源のうち国が2分の1を、都道府県が4分の1を補助している。


【関連記事】
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」-長妻厚労相
健康成人の負担軽減、優先対象と同様に―新型ワクチン接種で厚労省
新型ワクチン「実費負担」の方針―厚労省
新型ワクチンの接種方針を決定―政府

2月を「情報セキュリティー月間」(時事通信)
大橋被告の死刑確定へ=岐阜、大阪で連続女性殺害-最高裁(時事通信)
最新の脳科学研究をテーマにワークショップ―文科省(医療介護CBニュース)
<普天間移設>現行案含め検討 岡田外相(毎日新聞)
大阪の替え玉殺人、中国籍の女に無期判決(読売新聞)

<将棋>74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢(毎日新聞)

 第68期名人戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の順位戦C級2組の9回戦が2日行われ、現役最高齢棋士の有吉道夫九段(74)=兵庫県宝塚市=が松本佳介六段(38)に敗れ、引退が決まった。

 有吉九段は岡山県備前市出身。故・大山康晴十五世名人に師事し、1955年にプロ棋士に昇格した。強い攻めの棋風から「火の玉流」の異名で呼ばれ、棋聖獲得1期、棋戦優勝9回。この日の敗北で通算成績は1082勝998敗となった。師匠の大山名人をフルセットまで追い込んだ69年の第28期名人戦での熱戦ぶりは、今も語り草になっている。

 C級2組では、今期は成績下位8人に降級点が付き、降級点3回で順位戦に参加しないフリークラスに降級する。有吉九段には既に降級点が2回付いていたが、この日の敗北で2勝7敗となり、最終10回戦で勝っても下位8人に入ることが確定。フリークラスは65歳が定年のため、自動的に引退が決まった。【澤木政輝】

【関連ニュース】
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:卒業後も出雲で活動…高校生棋士・里見香奈さん
将棋:谷川、三浦が首位 追う郷田ら4人 A級順位戦
将棋:羽生、接戦制し1勝1敗に…王将戦・第2局
将棋:1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局

木島容疑者、食事とり落ち着いた様子 調べには黙秘(産経新聞)
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言-自民幹事長(時事通信)
連続不審死 埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
<掘り出しニュース>唐ワンくんに手編みマフラー「うれしいワン」(毎日新聞)
鳩山首相、貴乃花親方の理事当選に「新しい風」(産経新聞)

<東海道新幹線>一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)

 東京と大阪を結ぶ大動脈・東海道新幹線は29日、突然の送電ストップで、3時間以上にわたってまひした。小田原-品川間では立ち往生した5本に、乗客計3100人が閉じ込められ、薄暗くトイレの水も流れない車両内で過ごし、疲労感をにじませた。

 停電直前、架線切断現場を通り過ぎ、パンタグラフが大破していた東京発名古屋行き「こだま659号」。乗客によると、12両目付近で「バチン」という大きな音がした後、車内の電気が消えてゆっくりと駅間に停車したという。山形県の無職男性(60)は「東京駅を出たと思ったら、ドンという音がしてタヌキでもひいたのかと思った。1キロぐらい走って止まったが、車内では混乱もなかった」と話した。

 神奈川県小田原市の会社員、小杉拓治さん(41)は「『トイレは使えません』『たばこは吸えません』と車内放送があった。暖房が切れて、日が落ちてからは寒くなった。車内で大きな混乱はなかった」と疲れた様子で話した。

 立ち往生していた新幹線は午後6時ごろ次々と東京駅に到着した。東京都内の病院を受診するために上京した静岡県の主婦、清百合子さん(50)は「小田原と新横浜駅の間で電車が止まった。現状を知らせる車内放送が10分おきに流れ、途中から停電してトイレの水も使えなくなった」と証言。東京都の会社員、高取順さん(48)は「車内販売の飲み物は売り切れていた」と話した。

 横浜市神奈川区の線路脇で起きた火災現場を発見し110番した会社員、一樹誠さん(33)によると、下り新幹線が通過する際、閃光(せんこう)とともに「ドン、ドン」という音がして架線から火花が散り、間もなく線路脇の雑草から出火したという。一樹さんは「雷が落ちたかと思った。煙が出始めたらあっという間に火が回った」と振り返った。

【関連ニュース】
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
東海道新幹線:雪で147本が遅れ
帰省ラッシュ:上越、東海道新幹線にトラブル 運休や遅れ
ボンネット型車両:昭和の特急の顔、3月で姿消す
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅

阿久根市長「取材での庁舎内の撮影禁止」通達(読売新聞)
<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大-情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
鳩山内閣支持率 ネット世論は保守志向(産経新聞)
観光装い下見、盗品郵送…爆窃団再び日本標的(読売新聞)

NHKの福地会長、経営委員らに辞意表明(産経新聞)

 NHKの福地茂雄会長(75)が来年1月の任期満了前に辞任したいとNHK経営委員らに伝えていたことが28日、分かった。

 関係者によると、福地会長は昨年12月に経営委員らが集まった席上、自身が高齢であることやNHKの組織改革が一区切りついたことなどを理由に辞任したい意向を表明。具体的な時期などは明らかにはせず、委員からは慰留の声が上がったが、明確な回答はなかったという。

 福地会長は平成20年1月にアサヒビール相談役からNHK会長に就任。NHK職員らによるインサイダー取引問題で橋本元一前会長が引責辞任した後、NHKの組織改革を進めてきた。

【関連記事】
美しすぎる妻!?松下奈緒「ゲゲゲ」キャスティング裏側
倉科カナ、ウエディング姿「感慨深いもの」
“先輩”福山龍馬に続け! 次の大河ヒロインはアノ女優に
上野樹里さん、来年の大河ドラマ主演に 「江~姫たちの戦国~」
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見

新幹線事故 切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)
手作りボートを試そうとして事故、60歳男性死亡 千葉(産経新聞)
民主議員「舛…あっ」 厚労相苦笑「長妻でございます」(産経新聞)
皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換-マウスで成功・米大学(時事通信)
<女性遺体>中国籍受刑者を遺棄容疑で逮捕 兵庫県警(毎日新聞)

忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、山梨県忍野村の天野康則村長が鳩山由紀夫首相と1月30日に懇談した際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設受け入れに「協力したい」と伝えたことについて、「ありがたい言葉だと思うが、真意がよく分からない。首相に真意を確認した上で、俎上(そじょう)に載せるか検討したい」と述べた。
 忍野村など3市村にまたがる陸上自衛隊北富士演習場は、普天間飛行場移設先の候補地として、一部で浮上したことがある。 

【関連ニュース】
2日に日米局長級安保協議
普天間問題、首相の対応注視=現行計画履行を要請
海兵隊の移転期限、延長を=大幅な人口増に懸念
嘉手納統合案「望まぬ」=米国防次官補
連立離脱、安易に言うべきでない=社民政審会長

<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
女性に「殺すぞ」、自宅に立てこもり4時間半(読売新聞)
タービン静翼の酸化腐食が原因=エアインディア機のエンジン部品落下-運輸安全委(時事通信)
<覚せい剤所持>名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘(毎日新聞)
節分 本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

すながなおとさん

Author:すながなおとさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。